SaraSHIGE BOOK

方向示し続ける僕のノート

ふたつの記念日

2003年9月15日、
NEWSが結成されました。

9人、8人、6人、そして4人と、メンバーが減っていく中で、それまではいわば「影」だった4人が、今では「光」として輝く姿は、他のどのグループにもない魅力が詰まったものだと私は思っています。

現在では個人の仕事が多いですが、4人の姿を見る機会がもっと増えたら嬉しいですし、ぜひとも来年にはコンサートに行きたい!と心から思います。

まだファンになってから日が浅く、彼らの過去については知らないことも多いし、深く語ることが出来ないのが残念です(笑)

もっとNEWSのことを勉強します。
曲も聴きます。

これからも4人が大好きです。







そして、昨年15周年を記念してハワイでコンサートを開催するなど、グループでの活動が目立った嵐。

今日で結成16周年を迎えます。

テレビ、ラジオなどのレギュラー番組が多い中で、嵐の「今」が最もよく表現されているのが、毎年発売されているアルバムとコンサートツアーなのでしょう。

演者のパフォーマンス、照明、セトリ、映像……全てを取り上げても素晴らしく、日本を代表するアーティストであると同時に、日本を代表するコンサートでもあるように思います。

そして、15周年を迎えた昨年に発売されたアルバム・THE DIGITALIAN。
敢えてアニバーサリーイヤーであることを無視した、「攻め」とも言える作品を作り上げ、コンサートでは最新技術を駆使した演出を行ったことは、これからの嵐が進む道を切り開く重要な道具のような存在になるのかもしれません。

宮城の後はアルバムの発売、5大ドームツアーと続きますが、今後の活動に触れるのが楽しみです。




今日、誕生日を迎えたふたつのグループに、大きな感謝を。

これからも応援し続けます。
いつも元気をありがとう!


2015.09.15

sara

Sara's twitterさら (@SaraSHIGE_BOOK) on Twitter

NEWS * 嵐 *915 * 16周年の嵐に愛を叫べ * NEWS12thAnniversary

4人グループの可能性

二つ目の記事にして、早速堅い印象のタイトルになってしまいましたが、言いたいことは至極簡単。「これからNEWSの時代が来るんじゃないかな?」ということです。(笑)

このことをつらつらと書くために、まずは現在の日本の音楽界について、少し。

最近のバンドブームの到来により、フォーピースバンドが音楽シーンに多く露出しているのは確かであると言えます。

SEKAI NO OWARIゲスの極み乙女。flumpool、[Alexandros]、ONE OK ROCK…ざっと思いつくだけ挙げても、これだけたくさんのバンドがあることに気づきますし、Mステやその他の音楽番組で目にするバンドはほとんどが4人組です。

この風潮が世間全体に広まったのは、おそらく、2013〜14年頃からだと私は感じています。(もちろん上記のバンドはすでに売れていたり、有名になっていましたが、この場合はお茶の間に広まったという意味で捉えています)

ならば、それより前はどんな風潮があったのか。グループで言えば、5人組が定番化していた頃でしょう。言うまでもなく、嵐やSMAPは5人組グループの代表ですし、ももいろクローバーZSexy Zoneなど、センターが決まるためフォーメーションも組みやすく、メンバー内の役割分担も多様になるからか、新たにデビューするグループも5人であることが多かった時期だと、個人的には思っています。

2011年にデビュー10周年を迎えた嵐は、2006年頃からヒット曲を連発して大きな波に乗っていました。今でもトップクラスのCDセールスを誇り、DVDやBlu-rayの売り上げも年間1位であることから、この勢いは当分の間続くことが予想出来ます。

けれども、この勢いを保ち続けられるのは、長くてもあと5年ほどだと思うのです。もちろん私は嵐ファンですから、5年後もファンであり続けるつもりですが(笑)、冷静に見て、この勢いは凄すぎるのではないか?と。嵐の5人はおそらく、このまま本質は変わらずに進化して行くと思いますし、年々上がるパフォーマンスの質や、パワーアップするコンサート演出、それに攻めたシングル曲(誰もが好むようなキャッチーなものから、コーラス・伴奏・ダンスなどそれぞれに特化した作品が増えたこと)などを見る限り、この勢いはまだ続くのでしょう。


嵐のことが好きなので、ついつい沢山語りたくなってしまいますが、本題に戻りますね。


この記事で問題にしていた4人グループについて。

私は、嵐のような国民的アイドルの立ち位置を引き継いでいくのが、4人グループだと考えています。

それがNEWSなのか、KAT-TUNなのか、はたまたジャニーズではない、他のグループなのかは私には断言出来ませんが(^_^;)

それに、今までメディアへの露出が多かったグループは、メンバーの人数がデビューから現在まで変化していないものが多い印象です。

しかし、これからはそういった流れもおそらく変わる。

メンバーが減っていないグループの強みは、過去のことをメディアなどで制限なく話せること。
それに対して、メンバーが減っている場合、話してはいけない過去のこともあったのだと思います。

でも、最近は、「メンバーが減るのはマイナスポイントである」という認識も変わりつつあり、少年倶楽部プレミアムで放送されたNEWS×KAT-TUNの対談のように、同じような境遇であったグループ同士で、正直語りづらいであろうことを赤裸々に告白するような場が増えたのではないかと思うのです。

メンバーが減ることで一時はファンも減るでしょうが、その後に再びファンが増える時期が必ず来ます。これは私の体験談なのですが、新たにグループのファンになると、過去の映像やCDを漁って、彼らを知らずにいた時間を埋めたいと思ってしまうものです。その過程でメンバーが減ったことなども知ることになりますが、それでも今の彼らが好きだと思う人が多いのではないでしょうか。

だから、メンバーが減ることは、それほどマイナスポイントでもなく、むしろファンは残ったメンバーを応援しようとするためファンとグループの結びつきは強まり、プラスに変えることができるのだと私は考えています。


2020年には東京オリンピックも開催されます。その時に、どのアーティストが前に出ているのか。どんなグループが前に出ているのか。

ここまで書いたのは、あくまで私の予想ですが…。

これからの時代に、そして世間に必要とされるグループは、NEWSだと私は思っています。


ここまで偉そうに書いてしまいましたが、10代の若者が言うことですから、間違いであったり、的外れであるかもしれません。また、私以外にも、この記事のような内容を発信している方もいるかもしれません。そんな時は、ya so cute 二番煎じ♩と笑っていただけたら幸いです。


2015.07.09

はじめまして。

はじめまして、Sarasaと申します。
この度、はてなブログを開設しました。

初めての記事。
とは言っても、以前は別の場所で1年ほどブログを書いてましたので、「何を書けば良いのかな?」などという悩みは、それほどありません。

それに、実際には、こちらに完全に移行した訳でもなく、向こうはひたすらに愛を叫ぶ場所として、こちらは私が好きなものや、考えていることについてを、加藤シゲアキのラジオSORASHIGE BOOKのように、つらつらとお話する場所として、それぞれのブログのカラーを出したいと考えています。(将来的には、こちらに一本化したいと思っています)


さて。
今回は、私のことや、私と嵐・NEWSの出会いについて書きたいと思います。

ブログタイトルから滲み出ているかもしれませんが、私は嵐とNEWSのファンです。嵐は2012年頃から、NEWSに至っては(気になっていた期間はそれなりに長かったものの)2015年から本格的に応援するようになったので、まだまだ「新規」ではありますが、どちらのグループも大好きです。

NEWSファンを名乗れるほどNEWSのことを知っている訳でもありませんし、コンサートに行ったこともありません。また、アルバムももっているのはベスト盤とwhiteの2作のみです。これから、彼らのことをもっと知りたいと思っているところです。


私が嵐ファンになったきっかけは、2011年に起きた東日本大震災の復興支援として、嵐がミニライブを行う様子をテレビで観たことでした。小学生の頃から、「嵐」というアイドルグループの存在は認識していましたが、メンバー全員の名前は知らず、曲もたまに音楽番組で聴く程度で、ほとんど知識はありませんでした。

そんな無知な私が、たまたま点けたテレビで嵐の活動をほぼ初めて目にしたのです。

印象的だったのは、彼らの笑顔でした。

東京からは遠く離れた東北で起きた災害。
ある意味、遠い出来事であるとも言えるように感じます。それでも、嵐の5人は東北の人々と直接会話をし、ライブを行っていたのです。

「なんて素敵な人たちなのだろう。」

と、その姿に触れて、素直に感動しました。
それまでジャニーズやアイドルを受け入れなかった私は、この日を境に嵐に関心を持ち始めました。


次にNEWSとの出会いについて、少しだけ。
NEWSは、四人体制になってからメンバーそれぞれの名前を認識し、少しずつ気持ちが引かれていった感覚です。

もちろん、このグループは結成時は9人、その後8人、6人…とメンバーの脱退が相次ぎ、今では小山、増田、加藤、手越の4人での活動をしています。

音楽番組で、山下さんと錦戸さんが脱退する前のNEWSを観た記憶はあるのですが、その頃は特に関心を抱くこともなく、山Pはドラマ「コードブルー」で主演をしていたので、6人のなかで唯一、顔と名前が一致していたように思います。

そこから四人体制になり、今に至る訳ですが、何せ私自身が「好きだ」と自覚したのが最近ですので、リアルタイムで彼らの活動を知っているのは2014年頃からのものです。

ファンになる前に、4人それぞれに抱いていた印象は、
  • 小山さん…ニュースキャスター
  • まっすー…衣装デザイン
  • シゲアキ…小説家
  • 手越…抜群の歌唱力
というものでした。もちろん、今でも変わらない部分もありますし、今では新たな一面に気づくことでイメージが変わった人もいます。

書き忘れましたが、私は特に、嵐では松本さん、NEWSでは手越さんが好きです。ちなみに嵐内のコンビでは「にのあい」、NEWS内では「こやしげ」が好きです。



さあ、今回はここまで。
ただひたすらに、私のことを書いたような記事になってしまいましたが、これからよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。また、足を運んでいただけたら嬉しく思います。

それでは。

2015.07.06
Sara