読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SaraSHIGE BOOK

方向示し続ける僕のノート

4人グループの可能性

二つ目の記事にして、早速堅い印象のタイトルになってしまいましたが、言いたいことは至極簡単。「これからNEWSの時代が来るんじゃないかな?」ということです。(笑)

このことをつらつらと書くために、まずは現在の日本の音楽界について、少し。

最近のバンドブームの到来により、フォーピースバンドが音楽シーンに多く露出しているのは確かであると言えます。

SEKAI NO OWARIゲスの極み乙女。flumpool、[Alexandros]、ONE OK ROCK…ざっと思いつくだけ挙げても、これだけたくさんのバンドがあることに気づきますし、Mステやその他の音楽番組で目にするバンドはほとんどが4人組です。

この風潮が世間全体に広まったのは、おそらく、2013〜14年頃からだと私は感じています。(もちろん上記のバンドはすでに売れていたり、有名になっていましたが、この場合はお茶の間に広まったという意味で捉えています)

ならば、それより前はどんな風潮があったのか。グループで言えば、5人組が定番化していた頃でしょう。言うまでもなく、嵐やSMAPは5人組グループの代表ですし、ももいろクローバーZSexy Zoneなど、センターが決まるためフォーメーションも組みやすく、メンバー内の役割分担も多様になるからか、新たにデビューするグループも5人であることが多かった時期だと、個人的には思っています。

2011年にデビュー10周年を迎えた嵐は、2006年頃からヒット曲を連発して大きな波に乗っていました。今でもトップクラスのCDセールスを誇り、DVDやBlu-rayの売り上げも年間1位であることから、この勢いは当分の間続くことが予想出来ます。

けれども、この勢いを保ち続けられるのは、長くてもあと5年ほどだと思うのです。もちろん私は嵐ファンですから、5年後もファンであり続けるつもりですが(笑)、冷静に見て、この勢いは凄すぎるのではないか?と。嵐の5人はおそらく、このまま本質は変わらずに進化して行くと思いますし、年々上がるパフォーマンスの質や、パワーアップするコンサート演出、それに攻めたシングル曲(誰もが好むようなキャッチーなものから、コーラス・伴奏・ダンスなどそれぞれに特化した作品が増えたこと)などを見る限り、この勢いはまだ続くのでしょう。


嵐のことが好きなので、ついつい沢山語りたくなってしまいますが、本題に戻りますね。


この記事で問題にしていた4人グループについて。

私は、嵐のような国民的アイドルの立ち位置を引き継いでいくのが、4人グループだと考えています。

それがNEWSなのか、KAT-TUNなのか、はたまたジャニーズではない、他のグループなのかは私には断言出来ませんが(^_^;)

それに、今までメディアへの露出が多かったグループは、メンバーの人数がデビューから現在まで変化していないものが多い印象です。

しかし、これからはそういった流れもおそらく変わる。

メンバーが減っていないグループの強みは、過去のことをメディアなどで制限なく話せること。
それに対して、メンバーが減っている場合、話してはいけない過去のこともあったのだと思います。

でも、最近は、「メンバーが減るのはマイナスポイントである」という認識も変わりつつあり、少年倶楽部プレミアムで放送されたNEWS×KAT-TUNの対談のように、同じような境遇であったグループ同士で、正直語りづらいであろうことを赤裸々に告白するような場が増えたのではないかと思うのです。

メンバーが減ることで一時はファンも減るでしょうが、その後に再びファンが増える時期が必ず来ます。これは私の体験談なのですが、新たにグループのファンになると、過去の映像やCDを漁って、彼らを知らずにいた時間を埋めたいと思ってしまうものです。その過程でメンバーが減ったことなども知ることになりますが、それでも今の彼らが好きだと思う人が多いのではないでしょうか。

だから、メンバーが減ることは、それほどマイナスポイントでもなく、むしろファンは残ったメンバーを応援しようとするためファンとグループの結びつきは強まり、プラスに変えることができるのだと私は考えています。


2020年には東京オリンピックも開催されます。その時に、どのアーティストが前に出ているのか。どんなグループが前に出ているのか。

ここまで書いたのは、あくまで私の予想ですが…。

これからの時代に、そして世間に必要とされるグループは、NEWSだと私は思っています。


ここまで偉そうに書いてしまいましたが、10代の若者が言うことですから、間違いであったり、的外れであるかもしれません。また、私以外にも、この記事のような内容を発信している方もいるかもしれません。そんな時は、ya so cute 二番煎じ♩と笑っていただけたら幸いです。


2015.07.09