SaraSHIGE BOOK

方向示し続ける僕のノート

どこが好き?って。ぜんぶ好きです。

「どこが好きなの?」

って聞かれることがたまにあります。

いやいや、そんなすぐには答えられないじゃない。なんて思いつつ、「ぜんぶ」って答えがちです。

 

今日なんて、ジャニーズ好きな友達に「もうさ、増田貴久っていう名前からしてかっこいいもんね。何なんだろうね、彼って」と言ったら「大丈夫?一回落ち着こう?」と優しく言われました。

 

好き過ぎて、尊敬の念もあって

「まっすー」なんて到底呼べなくて。

いつも「誰担?」と聞かれたら、つい「ますださん」と言ってしまいます。それくらい好きです。(こういう時、大体「あ、まっすーね。歌うまいよね」って言われます。歌うまいのを認められてると嬉しいです。)

 

NEWSが気になり始めた頃、ますださんは最もわたしが関心を持てない人でした。好きとか嫌いじゃなくて、興味がなかった。それが今や、ますださんのことが好き過ぎて声を聴いて泣くようになったのです。すごいです、ますださんの魅力は。天然酵母パンのように、噛めば噛むほど……ってやつです。

 

彼がダンス、歌、そしてステージにかける想いは誰よりも強いのだと思います。

それぞれが得意分野を持っていて、個人の活動が多いNEWSですが、そのホームであるライブを守っているのは、ますださんではないでしょうか。

 

「東京ドームに連れてきてくれてありがとう」

Whiteのオープニングで彼が放ったこの言葉がなぜか強く頭に残っています。いろんなことがあったグループで、ライブが出来る環境も決して当たり前ではない、ということを常に意識しているからこそ出た言葉なのかもしれません。

 

いつも優しくて、美しくて、まっすぐで。

あまりにまっすぐだから、たまにファンでいることが何となく辛かったり、「なんでこんなに良い人たちが売れないんだろう」なんて思ってしまうこともあるけれど(実際昨日もそう思ってたけど)。

 

ハモる時にメンバーの顔を覗き込んだり、頑張って走り続けようとする手越さんを見守ったり、前に進み始めたシゲをいじったり。一歩後ろからメンバーを包み込む小山さんと、懸命に前に出ようとしている年下二人の間で、中庸を保とうとしている姿は、本当に素敵です。すごく大切な存在だと思う。

 

今日は、そんな彼の30歳のお誕生日です。

表情や声を巧みに使い分けて、時に可愛らしく、時に男らしく歌い上げ、曲に肉付けをしているますださんは、とても魅力的なアイドルです。

 

彼の誕生日を元に、マヤ暦を見てみました。

彼の太陽の紋章(顕在意識)は「青い手」。

嵐の大野さんと同じで、キーワードとして「状況を理解し把握する」「癒し」「遂行する」が挙げられます。

 

対して、ウェブスペル(潜在意識)は「赤い地球」。

歌などの芸術が好きで、人とのつながりを大切にする人。バランスの良い判断力を持つため、周りから慕われることが多く、リーダー的要素も持つ人のようです。

 

そしてキンナンバーは11。

独自の道を歩む強いエネルギーの持ち主で、オリジナリティが高く、自分のスタイルを崩さない人。強い信念も持っていて、頑固だけれど「改革者」として大きな結果をもたらすことも多いそう。

 

まあ……これが全てではないですが、それなりに当たっているようにも思います。癒し、クリエイティブな才能、強い意志、信念。

 

これから24時間テレビなど、大きな仕事が待っているNEWS。これからも四人で進んで行ってほしいですし、わたしは彼らに、少しでも風を送りたいです。

 

 

ますださん、お誕生日おめでとうございます。

ますださんの毎日に幸あれ!

 

 

2016.07.04

彩絢(@SaraSHIGEBOOK)